×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

無題

 

 

 

 

 

 

 

氷原には轟々と風がふいていた

湖面の氷が割れていても、春の訪れはまだ先だ。

十分でない防寒に、手先がわずかに震えていた。

照準を合わせながら、押さえつけていた虚しさが、影のようによぎる。

 

自分がこの引鉄を引くことに何か意味があるのだろうか それで何かが変わるのだろうか

積年の恨みを忘れ俺はとまどった。目の前の老人に、いったいこれから何ができるというのだろう。

そして、

彼を殺した後の俺は何をすればいいのだろう