×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

 

床板が軋んで、朝海が帰ってきたのが分かった。

ほっとするあまり溜め息をつきかけるのをこらえて、「どこ行ってたんだよ」と言った。


「どこだっていいでしょ。」

よくねーから聞いてんだろ。わかんない女だな。

喧嘩したばかりだから文句は垂れない。どさっと荷物を置いた音がした。

見ないでも分かる。あれは赤い鰐皮のバッグだ。

この前あいつが腕を組んで歩いてた、薄汚いハゲオヤジに買ってもらったやつだ。

黒いシャネルは、この前俺がぶっ壊したから。

「それよりあんた、仕事はどうしたのよ。」

「うるせーよ。」

なんでそういう言い方ばっかなのお?

ヒステリックな朝海の声に安心してるのはなんでだろう。今日は怒る気になれない。

昨日朝海を殴ったから、怒りパワーが足りてないんだ。


「なあ」

「なによ」


朝海の声がキンキンしなくなる。ほんの少し緊張した、この声が一番可愛い。

俺は重い腰を上げて、朝海に近寄った。

あとちょっとで抱き寄せられるって距離。

この時間だけ俺たちは世界で二人っきりだ。

一歩踏み出して肩に手を置いたら、朝海の肩の丸みをすぐ思い出した。

『ごめんって言え』

頭の中でいつも声がする。

きっと朝海の頭の中でも誰かが同じ事を言ってる。

だけど俺たちはいつもその一言が言えない。だからいつまでもくっついてる。

朝海が俺の胸に小さい頭を当てた。

茶色い髪が俺の首らへんに当たって、くすぐったい。

何にも言わないで俺の背中に手を回す。俺も朝海を抱きしめる。

俺たちはこうやって足りないものを埋めてる。


「勇二」

「何だよ」


Tシャツ越しにかかる朝海の息が熱い。




「明日、どっか行こうよ。」

「ああ。」

 

 

 

 

2006/11/29

 back